鎮魂行について

座禅を組み,呼吸を整え,己の心を正す行です。

鎮魂行

鎮魂行

 道院では修練の始めに、必ず全員で鎮魂行を行います。
 鎮魂行とは、座禅を組み,呼吸を整え,金剛禅の教えである「教典」を声に出して唱え自分に言い聞かせて心を正す行です。
 金剛禅の鎮魂行で読む「教典」は、「お経(経典)」や「念仏」ではなく、人としてのあり方や、修行の心構えを自分自身に説き聞かせるもので、いわば「人生訓」や「道場訓」のようなものです。昔の言葉で書かれていますが、お経ではありませんので、内容はどなたにでも読めるものです。少林寺拳法とは、単に体を鍛える運動ではなく、正義を愛し人道を重んじる「人づくり」の行であることがお分かり頂けると思います。一度、目を通されることをお勧めします。


教典

聖句

己れこそ己れの寄るべ、己れを措きて誰に寄るべぞ、
良く整えし己れこそ、まこと得がたき寄るべなり。

自ら悪をなさば自ら汚れ、自ら悪をなさざれば自らが浄し、
浄きも浄からざるも自らのことなり、他者に依りて浄むることを得ず。

* 聖句(尊い教え)
釈尊(釈迦)の説かれた教えを書き残した法句教の一説。少林寺拳法の拳士が目指す自己確立の原則です。


誓願

一、我等此の法を修めるに当り、祖を滅せず師を欺かず、
  長上を敬い、後輩を侮らず、同志互いに親しみ合い援け合い、
  協力して道の為につくすことを誓う。

一、我等一切の既往を清算し、初生の赤子として、
  真純単一に此の法修行に専念す。

一、此の法は、済生利人の為に修行し、
  決して自己の名利の為になすことなし。


礼拝詞

謹みて天地久遠の大みちから、ダーマを礼拝し奉る。

我等、無始よりこのかた、煩悩にまつわれて造りたる、
もろもろの罪とがを、悉く懺悔し奉る。

我等、この身今生より未来に至るまで、
深く三宝に帰依し、み教えに従い奉る。

願わくば良き導きと加護を垂れさせ給え。
南無、ダーマ。


道訓

道は天より生じ、人の共に由る所とするものなり、
その道を得れば、以て進むべく、以て守るべく、
その道を失すれば、即ち迷離す、故に道は、須叟も離るべからずと、いう所以なり、
人生れて世にある時、人道を尽すを貴ぶ、
まさに人道に於て、はずる処なくんば、天地の間に立つべし、
若し人あり、仁、義、忠、孝、礼、の事を尽さざれば、
身世に在りと雖も、心は既に死せるなり、生を偸むものとゆうべし、
凡そ人心は、即ち神なり仏なり、神仏即ち霊なり、
心にはずる処なくば、神仏にもはずる処なし、
故に一動一静、総て神仏の監察する処、
報応昭々として、毫厘も赦さざるなり、
故に天地を敬い、神仏に礼し、祖先を奉じ、双親に孝に、国法を守り、
師を重んじ、兄弟を愛し、朋友を信じ、宗族相睦み、郷党相結び、夫婦相和し、
人の難を救い、急を援け、訓を垂れて人を導き、
心を至して道に向い、過を改めて自ら新にし、
悪念を断ちて、一切の善事を、信心に奉行すれば、
人見ずと雖も、神仏既に早く知りて、
福を加え、寿を増し、子孫を益し、病い減り、
過患侵さず、ダーマの加護を得られるべし。


信条

一、我等は、魂をダーマよりうけ、
  身体を父母よりうけたる事を感謝し、
  報恩の誠をつくさんことを期す。

一、我等は、愛民愛郷の精神に則り、
  世界の平和と福祉に貢献せんことを期す。

一、我等は、正義を愛し、人道を重んじ、礼儀を正し、
  平和を守る真の勇者たることを期す。

一、我等は、法を修め、身心を練磨し、
  同志相親しみ、相援け、相譲り、
  協力一致して理想境建設に邁進す。

Copyright(C) 2020 京都の少林寺拳法道場☆金剛禅総本山少林寺 洛南道院 All Rights Reserved.
SHORINJI KEMPO RAKUNAN DOIN - MINAMI-KU KYOTO JAPAN. Design by http://f-tpl.com